しばらくブログをお休みしていました。

ブログをお休みしている間に、日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室を相手に著作権料を徴収するとか、音楽教室の側にとってはそれはけしからんので、債務不存在確認訴訟を提起するなどの話題がありました。

このような事態が発生し、JASRAC は頭が硬いとか、居丈高に権利を主張するのはけしからんという意見が出ています。しかし、JASRAC は作曲者や作詞者といった著作権者から著作権の管理の委託を受けているので、権利行使ができる状態にあるのに、何もしないでいると委託を受けている著作権者から善管注意義務をしていないという突き上げにあってしまうので、ちょっとでも権利行使ができる隙間があれば、目ざとく見つけて権利行使せざるを得ない可哀想な立場にあるのではないか、と同情せざるをえないように、思ってしまったりもします。

例えば、弁護士や弁理士といった士業者さんも、お客さんから委任されれば、善管注意義務を持って業務に当たらなければお客さんから損害賠償請求されたりするので、JASRAC と同様な立場に置かれているのではないかなと思うのですが、そういうことを考慮に入れても、JASRAC の態度はけしからんということのなのでしょうか。