弁理士の数を増加させる一つの方法としては、書類上は代理人になっているが、出願件数などから考えると、特許庁の手続きの内容を知らないまま代理人になっているのではないかという疑惑をもたらしている事態を一刻も早く変えることではないかと思われる。

そもそも、このような事態をもたらしたのは、インターネット出願ができるようになって代理人本人でなくても、特許庁へ書類の送信ができるようになったためと思われる。また、本人でなくても同じように捺印できる判子の文化もあるのであろう。

そこで、弁理士の弁理士印を特許庁に登録するだけではなく、花押も登録すれば良いのではないだろうか。出願を行なった後には、書類上代理人になっている弁理士は「この出願について代理人であることに相違ない」との内容の手続補足書に、自分の花押を自筆し、特許庁は、花押が本人のものであるかどうかを判定し、登録された花押と同じかどうか怪しければその弁理士を呼び出して特許庁職員の目の前で花押を書かせるようにすれば良いのではないかと、思いついた。